女性の保険の基礎知識

保険には様々な種類が存在し、保障内容・特約・条件など、非常に多様で複雑な仕組みから成り立っています。あまりに複雑なため契約者様ご本人が契約内容を把握しないまま加入しているケースも少なくありません。

「保健の基礎知識」では、これから保険の加入・見直しを検討されている皆様のために、保険を選ぶ際のポイントについて解説しています。

相談者
相談者

保険は種類が多すぎて、どれを選べば良いのかわかりません、、、

わかります(苦笑)、まずは保険の種類についてご説明します!

CHIHO
CHIHO

保険4つの保障とは?

保険は大きく分けて4つの保障(保険)があると言われます。

万が一の際、残されたご家族へ支払われる死亡保障。ご病気やケガで入院・手術をされた場合の医療保障。老後の生活に対する生存保障。そして昨今話題の介護保障です。

この4つの基本保障に特約などを追加し、人それぞれ幅広いニーズに対応するのが今の保険の仕組みです。

保険4つの保障とは?

1. 死亡保険

契約者である被保険者が死亡した際に残された家族に対して保険金が支払われる保険です。死亡時以外にも高度の障害が残った場合にも保険金が支払われます。

これまでは一家の大黒柱である父親にかけられることの多かった死亡保険ですが、女性の社会進出が進むにつれ共働き夫婦のどちらにも死亡保険がかけられるケースが増えています。

2. 医療保険

医療保険は病気や怪我などの際に医療費の一部をカバーしてくれる保険です。日本には国民皆保険がありますが、国民皆保険ではカバーしきれない高額な治療・入院・通院など幅広い支出に対して保障されるのが特徴です。

一生涯、保障が続く終身タイプから保障期間が限定される定期タイプ・掛け捨て型・積立型など幅広い種類があります。

3. 生存保険

あまり聞き慣れない保険ですが、平均寿命が伸びる現代においてニーズの高まっている保険です。

主に生きている時に受け取れる保障を充実させた保険で、3大疾病、要介護状態になった際に受け取れる一時金や、老後の蓄えとして生前に受け取れる保険の総称です。「生きていくための保険」とも言われています。

4. 介護保険

日本には「介護保険制度」がありますが、公的介護保険ではカバーしきれない部分を保障するのが民間の「介護保険」です。

要介護、認知症などの場合に保険金が支払われます。公的介護保険では要介護程度に応じて限度額が設けられており限度額を超過した分は自己負担になります。ご自身はもちろん、介護を行うご家族の経済的負担を軽くすることができる保険です。

保険選びのポイント

保険選びのポイントは?
相談者
相談者

自分に最適な保険を選ぶにはどうすれば良いですか?

保険選びのポイントはご自身の不安や心配を明確化すること、です。

CHIHO
CHIHO

保険選びは本当に難しい!
保険が専門の私ですらそう思うのですから、一般の方が最適な保険を自分で見つけるのは至難の技です。それは何より保険の種類が多岐にわたり、保険会社によって保障内容や条件が大きく異なるためです。

最適な保険を選ぶためには様々な保険を精査していく必要があるのですが、保険選びのポイントで一番大切なことは「今のあなたが何を心配して、どんな不安を抱えているのか?」をはっきりさせることだと思っています。きっとその不安の先にはあなたが一番大切にしていものがあるからです。

保険を選ぶ際には保障内容や掛け金の負担を考慮するのはもちろんですが、契約者様が何を大切にしたいのか、今どんなことに対して不安を抱いているのかを明確にすることが保険選びの大切な第一歩です。

支払える金額には人それぞれ限度があります。生活に負担のない範囲で保障内容を決めなくてはなりません。どれくらいの保障が必要なのか?は、年齢や家族構成によって大きく変わります。それぞれの年代で「今の不安」を取り除くための保障内容を選ぶようにしましょう。

病気や子供の将来、家族の生活、老後の資金など必要な安心は人それぞれ違います。保険とは万が一の時の保障と同時に、不安のない日々の生活、言い換えれば大きな安心を購入するものだと言えるでしょう。

保険選びのポイント

何が大切か、今どんなことに不安を抱いているのかを明確にしましょう!

保険の見直しはなぜ必要?

保険の見直しはなぜ必要?
相談者
相談者

「保険の見直し」とよく聞きますが、なぜ見直しが必要なんですか?

はい、年齢や生活環境が変わることで必要な保障も変わってくるためです。

CHIHO
CHIHO

人生100年時代となり、例え終身保険といえども節目で契約内容を見直すことが必要です。時代の流れ、医療技術の進歩と同時に、保険もリニューアルする必要があります。 例えば癌を例に考えてみましょう。

20年前、まだ癌が治る病気ではなかった時代。がん保険の主流は「癌と分かったら一時金が1回だけ支払われて終わり」というものがほとんどでした。しかし現在、早期発見や医療技術の進歩により癌の死亡率は下がっています。がん保険の一時金にしても複数回支払いが基本です。

このように、保険内容や保障は時代や社会の状況に即し常に生まれ変わっています。また年齢を重ねるにつれ、加入した時とは家族構成や必要な保障内容も変化するものです。ご自身の年齢やライフステージに合わせて保険もリニューアルすることで質の高い安心を準備することができるのです。(せっかく入ってるのに保険が使えない!なんてことが実際にあります。保険内容が古くて対応できない場合も出てきたりしますのでご注意ください)

保険の見直し

時代の流れ、ライフスタイルにより必要な保障は常に変化します。保障内容も現在の状況に即した最新のものへアップデートが必要です!

掛け捨てと貯蓄型 選ぶならどっち?

掛け捨てと貯蓄型 選ぶならどっち?
相談者
相談者

掛け捨て型の保険はもったいない気がするのですが?

掛け捨て型は一見もったいない気もしますが、大きなメリットもあるんですよ。

CHIHO
CHIHO

保険を決める際に「掛け捨て型」と「貯蓄型」どちらを選べば良いか迷うところです。

一般的に掛け捨て型は貯蓄型に比べて同じ保険料でもより大きな保障を準備できます。一方、貯蓄型は掛け捨て型と比較すると同じ保障に対して保険料は割高ですが、教育費や老後の生活に備えてお金を貯めることができます

例えば、子供を持つ働き盛りのご夫婦の場合。世帯主には万が一に備えて大きな保障が必要です。同時に奥様の収入も考慮して住宅ローンを組んでいる場合には、奥様が働けなくなった場合の保障も考える必要がありますし、子供の教育費も掛かるなど保険に掛ける予算は抑えたいところ。その場合、少ない掛け金で大きな保障を得る掛け捨て型が有利と言えます。 もちろん余裕がある場合にはコツコツと貯蓄型で将来に備えておくことは大切。

また年齢が若いうちは、将来に備えた貯蓄型保険も早く始めることで安い掛け金で老後により潤沢な資金を得ることができます。 このように年代や家族によって必要な保障は様々です。 掛け捨ては損するイメージがありますが、少ない掛け金で大きな保障が得れるメリットがあります。 掛け捨てか、貯蓄で分けるのではなく、将来に向けての貯蓄を蓄えつつ、家族を守るための保障もバランスよく考えることが大切です

掛け捨てと貯蓄型の保険

掛け捨て、貯蓄型の二者択一ではなく、どちらもバランスよく組み合わせて大きな安心を手に入れましょう!

人気の就労不能保険は個人事業主には必須?

人気の就労不能保険は個人事業主には必須?
相談者
相談者

個人事業主ですが、就労不能保険へは入ったほうが良いですか?

資金に余裕ができてからでも遅くはありません。ご自身に必要かしっかりと保障内容を吟味しましょう。

CHIHO
CHIHO

人気の就労不能保険ですが、安易に選んでしまうといざというときに保障されないケースもありますので、しっかりと保証条件を確認する必要があります。

多様な働き方が推奨される今、働けなくなるリスクに備えたいというフリーランスや個人事業主が増えています。そんな要望に答えるように生まれたのが就労不能保険です。万が一、仕事ができなくなった場合に必要な保障が受け取れる保険ですが、就業保障保険はじっくりと内容を精査してから契約すべき保険です。

というのも、保障条件ががん保険のように明確ではなく、どのような状況であれば保障が受け取れるのかがわかりづらい保険だからです。 怪我や病気で収入が途絶えたらすぐに給与がわりに受け取れる保険、と簡単に考えてはいけません。保険各社で保障条件や保障内容は大きく変わりますので、言われるままではなく、しっかりと情報収集を行い、ご自身が必要とする条件に見合う内容かを吟味してから加入するようにしましょう。

就労不能保険

どのような状況であれば保障が受け取れるのか納得いくまで調べたうえで、現在のご自身に必要かどうかを判断しましょう!

保険・貯蓄・資産運用・
住宅ローンなど
お気軽に
無料相談をご活用ください。

フィナンシャルプランナー:秋山千穂

フィナンシャルプランナー:秋山 千穂

055-269-8540
AM10:00〜PM5:00 月曜〜金曜
※ 一部土日祝日も対応可能。ご相談ください

24時間お問い合わせいただけます。

ZOOMアイコン

オンライン相談も実施中!

ZOOMを利用してご自宅からオンラインでの無料相談も承ります。

Scroll to Top
お手続き

ご契約者様専用ページ

海外保険へのご加入

インターネット経由で海外旅行保険がご契約できます。

短期自動車保険へのご加入

12時間から契約できる短期自動車保険のご契約。

〒400-0828
山梨県甲府市青葉町7-14 司ビル105
TEl: 055-269-8540 FAX: 055-236-9626
Email: info@enisia.net