女性の保険とは?

女性保険の特徴

通常の医療保険に女性特有のニーズが特約としてつけられたものを一般的に「女性の保険」と呼びます。女性保険の特徴としては女性特有の病気やトラブルへの保障内容が手厚いことです。

通常の医療保険に女性特有のニーズが特約としてつけられたものを一般的に「女性の保険」と呼びます。女性保険の特徴としては女性特有の病気やトラブルへの保障内容が手厚いことです。

例えば、がん保険。
女性がかかる癌の半数は、乳がんや子宮がんなどといった女性特有の癌です。そのため、女性保険ではこのような女性特有の癌に対しての入院や手術時における保障が通常の医療保険に比べて手厚くカバーされています。

ご相談者
ご相談者

女性がかかる癌の半数が女性特有の癌だとは知りませんでした

女性特有の病気に対して手厚い保障があるのは同じ保険でも安心感が違いますよね!

CHIHO
CHIHO

また、女性のがん発症年齢は男性に比べ早く、25歳を過ぎた頃から急速に増えていきます。

出典:国立がん研究センター「院内がん登録 小児・AYA世代がん集計について」より

20代、30代では、がん患者の8割が女性です。
女性は男性に比べて癌への備えも早めにしておく必要があります。

出典:国立がん研究センター「院内がん登録 小児・AYA世代がん集計について」より

癌だけではありません。
女性保険の中には帝王切開や重度のつわり、早産、不妊治療までサポートしてくれるものあります。また数年ごとに払戻金が受け取れるものや、女性のライフスタイルに合わせて様々なタイプの支払い方法が選べるものなど、女性のライフスタイルに特化したさまざまなサービスが付帯されています。

女性保険の種類

女性保険でよく利用される医療保険と、最近増えている死亡保険についてご紹介します。

掛け捨てタイプの医療・がん保険

病気の際に手厚い保障を受け取れるのが掛け捨て型タイプの医療保険です。

満期時の払い戻しや解約返戻金(解約時にお戻しするお金)はありませんが、その分毎月の掛け金が安くなります。少ない掛け金で大きな保障を得られるのが掛け捨てタイプのメリットです。 保障内容は多くの場合「医療保険+女性疾病特約」が基本です。入院、手術、通院に対する給付金や、癌・出産に対する保障など、保険会社や特約により多少の違いはありますが、通常の医療・がん保険に加えて女性特有の病気に対する手厚い保障内容が充実しているのが女性向け掛け捨てタイプの医療・がん保険の特徴です。

CHIHO
CHIHO

掛け捨てタイプの保険は「もったいない」と思われがちですが、少ない金額で大きな保障を得られるメリットもあるんです。

万が一に備える死亡保障保険

死亡保障保険は、ご契約者様が亡くなった場合、ご遺族に保険金が支払われるタイプの保険です。 近年、共働きのご夫婦が増え、住宅ローンも奥様の収入を見越して借入するケースが増えています。奥様に何かあった際にこれまで同様の生活レベルを維持できなくなる事例も多くなり、万が一、奥様が亡くなられても残された家族に対して保障を必要とするニーズが女性の社会進出とともに増えてきました。

そこで需要が高まっているのが、奥様の死亡保障保険です。
女性の死亡保障保険では掛け捨てタイプのみならず、将来的に解約返戻金が戻ってくる貯蓄タイプなどニーズに合わせて選べるものも多くあります。

ご相談者
ご相談者

死亡保険は主人だけ掛けていれば安心、と言う時代ではないんですね。

保険のニーズも時代とともに大きく変化しています。保険もライフプランに合わせて取捨選択が必要な時代なんです。

CHIHO
CHIHO

女性保険に入るタイミングは?

女性保険に入るタイミングに適した時期があるのでしょうか?
エニシアがオススメする女性保険への加入と見直し時期についてご説明致します。

女性保険に入るタイミングは?

1. 就職

女性の社会進出が一般的な現代、就職を機に保険を考えるのは男性だけではありません。経済的に親から独立するタイミングで自分自身で保険に加入する女性が多くなる時期です。

このタイミングでオススメしたい保険は、将来に備えてコツコツと積み立てる貯蓄型保険や、病気やガンなどに備える保険です。加入年齢が低ければ低いほど、掛け金も安く済みますので親からの独立を期にしっかりと自分自身で万が一に備える準備が必要です。

2. 結婚

人生の一大イベント「結婚」は保険を見直すべき大切な時でもあります。1人の生活から家族との生活に、そして出産という大きな転機を迎える準備期間になります。

1人の生活からパートナーとの2人の生活へとライフスタイルが大きく変化する結婚時の保険でオススメしたいのは、1人だけの保障から家族のための保障。そして妊娠、出産のリスクに備えた医療保険への見直しです。 特に妊娠、出産に関する医療保険はしっかりと内容を見極め、慎重に検討する必要があります。なぜなら、妊娠したあとでは医療保険に入りづらくなるからです。妊娠する前に加入しておくのがベストです。

女性保険に入るタイミングは?結婚

3. 出産

出産に伴う万が一の備えとしての保険。ここでオススメしたのは養育費用の確保を前提にした貯蓄型保険。また、女性特有の癌にも注意すべき年齢です。特に女性の癌罹患数第一位である乳がん。乳がんは遺伝による発症率が5〜10%と言われていますので親族に乳ガン経験者がいる場合には特に注意が必要です。新しい家族が増える新しいライフステージでのご自身、そして家族への備えをしっかりと検討する必要があります。

4. 子供の自立

子供の手が離れたこのタイミングでは、健康のリスクと老後の生活資金の確保が保険を見直す上で重要なポイントになります。

女性保険に入るタイミング・子供の自立

子供の独立前に加入していた保険は、自分に何かあった際にご家族を守るという意味合いでの保障内容が多くはありませんか? 子供自立後の保険では、現在加入の保険内容を大幅に見直すことが必要です。例えば、老後の保障内容の確認、毎月の支払金額の見直し、そして長生きへのリスクに対する保障など。

介護が必要になったとき、認知症と診断されたときに保険金を受け取りその保障で施設に入れることができる保険などが今、50代の女性を中心にニーズを高めています。これは「子供に迷惑をかけたくない」というニーズの高まりでもあります。要介護、認知症などのリスクに対して人生の方向性と保障をしっかりと検討する時期です。

女性保険の注意点・まとめ

今と昔では核家族の増加など家族構成や男性と女性の収入割合も大きく異なっています。 特に家計においては、奥様の収入も含めた上で住宅ローンや教育資金などの捻出を行うケースが昔に比べ増えています。大黒柱であるお父さんの収入だけに頼っていた昔とは大きく異なる点です。

そういった意味で、子供の病気や怪我で母親が仕事に出られない場合、一気に家計が苦しくなるケースが増えています。女性が家計においても重要な役割を果たすようになった今、女性のための保険もご家族の在り方に合わせてしっかりと慎重に選んでいく必要があるのです。 併せて最近は女性系疾患の低年齢化、AYA世代(15歳から39歳くらいまでの世代 思春期および若年成人)の癌も増加傾向にあります。保険料が安い健康なうちにしっかりと備えていくことをエニシア ではオススメしています。

保険・貯蓄・資産運用・
住宅ローンなど
お気軽に
無料相談をご活用ください。

フィナンシャルプランナー:秋山千穂

フィナンシャルプランナー:秋山 千穂

055-269-8540
AM10:00〜PM5:00 月曜〜金曜
※ 一部土日祝日も対応可能。ご相談ください

24時間お問い合わせいただけます。

ZOOMアイコン

オンライン相談も実施中!

ZOOMを利用してご自宅からオンラインでの無料相談も承ります。

Scroll to Top
お手続き

ご契約者様専用ページ

海外保険へのご加入

インターネット経由で海外旅行保険がご契約できます。

短期自動車保険へのご加入

12時間から契約できる短期自動車保険のご契約。

〒400-0828
山梨県甲府市青葉町7-14 司ビル105
TEl: 055-269-8540 FAX: 055-236-9626
Email: info@enisia.net